捻挫

足首の捻挫でお悩みではありませんか?

☑足首を捻ってから痛みが取れない

☑動かしたときに足首に痛みがはしる

☑足首が腫れている

☑痛みが無い方と比べて、足首を触ったときに熱を感じる

☑足首の周りに内出血が広がっている

 

 上記の症状でお悩みの方、放置してしまうとより悪化してしまうかもしれません

 ひどくなる前に適切な施術を受けましょう!

足首の捻挫はどのような状態か

 足首の捻挫の正確な名称は、「足関節捻挫」というものです。

 このケガは、足首の関節が可動域を超えた動きをしたときに起こることが多いケガで、靭帯に損傷が起きている状態です。

 足首は、構造上、外側よりも内側に動きやすく、そのため、日常生活での歩行時やスポーツ中のジャンプ後の着地で内側に捻ってしまうということが多くあります。

そうした捻挫では、関節を構成している靭帯や関節包を損傷しているケースが多いです。

足首の捻挫を放置してしまうとどうなるか

 捻挫が軽傷であれば、動かした際に多少痛む程度で済むことが多いです。

そのため、我慢して日常生活を送る方も少なくありません。

 しかし、我慢を続けているうちに足首の内側で症状が進行し、捻挫が重度の状態にまで悪化してしまう場合があります。

 捻挫が重度のものになると、痛みが激しいものになるほか、「熱感」「内出血」「腫れ」といったものも出てくるため、歩行が困難になる場合も少なくありません。

 ただの捻挫と軽く判断せずに、適切な処置を素早く行うことで重症化を防ぐことが大切です。

足首を捻挫してしまった際の応急処置

 受傷時の基本的な応急処置法としてRICE処置があります。

 Rest(安静)・Icing(冷却)・ Compression(圧迫)・Elevation(挙上)の4つの処置の頭文字から名付けられました。

 捻挫などのケガを負った際には、早期にRICE処置を行うことで、内出血や腫れ、痛みを抑え、回復を助けることが大切です。

 

1. Rest(安静)

 捻挫をしたら、まずは安静にすることが大切です。

 むやみに動かすとケガが酷くなる可能性があるため、動かないように患部にタオルや添え木などを当てて固定します。

 

2. Icing(冷却)

 患部を氷や氷水などで冷やします。

 冷やすことにより、患部の毛細血管が収縮して、腫れや内出血、痛みなどが抑えられます。

 ただし、冷やしすぎると凍傷になるリスクもあります。

 安全に行うため、15分から20分程度を目安に冷やすようにしてください。

 

3. Compression(圧迫)

 患部にテープや包帯などを巻いて圧迫し、腫れや内出血を抑えます。

 このとき、きつく圧迫しすぎると血流障害や神経障害を起こしますので、注意が必要です。

 もしもしびれや色の変化が生じたらすぐに緩めるようにしてください。

 

4. Elevation(挙上)

 患部を心臓より高い位置に保ちます。

 こうすることで、血液が心臓に戻りやすくなるため、内出血による腫れを防ぐことができます。

 位置を保つ際には、足首の下にクッションや、たたんで高さを作った毛布などを敷くとよいかと思います。

いずみ整骨院での捻挫の施術方法

□超音波検査(エコー検査) 

 当院では、まずは問診と画像検査によって捻挫の程度を確認しております。

 下駄骨折、ジョーンズ骨折等、捻挫と間違うことが多い骨折もありますので、事前に損傷の程度を評価してから適切に施術にあたります。

 

□固定

 靭帯損傷によって足関節が不安定になっている場合には、包帯やギプスを使って固定します。

 安静にすることで靭帯の回復力を向上させ、早期回復を目指します。

 

□鍼治療

 損傷した筋肉に鍼を刺すことにより、自己治癒力を増強させます。

 鍼には、血行をよくし、こわばった筋肉をほぐす作用があります。

 そのため、当院では、捻挫の際に鍼を行うことにより、固くなった筋肉の血流を改善し、痛みの緩和や、痛めている関節・筋肉の早期回復を目指します。

 

□高周波治療

 神経に電気を流すことで神経の興奮を抑え、痛みの抑制や、血流の促進、治癒力の促進を目指します。

 こちらの電気は、運動後のクールダウンやケガ後のリハビリにも使われます。

受付・診療時間

 
午前 -
午後 -

平日
午前10:00~13:00
午後15:00~20:00

土曜
午前10:00~13:00
午後15:00~18:00

休診日
祝日

所在地

〒274-0077
千葉県船橋市
薬円台5-5-2-102
新京成線「薬園台駅」 徒歩1分
駐車場あり

047-465-2311

お問合せ・アクセス・地図

PageTop